フリーで活躍するコツ

フリーランスで食べていくために私が重視していることを上げていきます。

フリーランスでの仕事の受け方

フリーランスで、クライアントと進めていく話は仕事内容だけではなく、賃金や納期といったことも合わせて行っていきます。
連絡手段として電話やメールなどを活用することが一般的ですが、どちらにも対応できるようにしておくことが望ましいといえます。
相手によって多用するものが異なることもあるので、窓口があるに越したことはないからです。

電話でのやり取りを行っていく際には、内容について書面で追認することや録音などを併用していくことが有効です。
口約束のようになった場合には「言った言わない」で口論になったり揉めてしまうというケースもあるため、カジュアルに見える方法ですが、確実な証拠として押さえていけるようにすることが、円滑な手続きには有用となります。

メールのやり取りでは、簡素な挨拶と業務上の内容、署名といった程度でとどめられるように内容をまとめていくと無駄がなくなります。
時候の挨拶などを好む場合もありますが、メールは即時性が最も強い武器でもあるので、内容確認がすぐ行えるように本文が見やすいほうが使いやすいものとなります。

メリハリをつけて働くならば受付時間を区切る、柔軟に働くのであればいつでも起きている限りは返信するというように、予め姿勢を決めておけるようにすると仕事のペースを作りやすくなります。
フリーランスではきちんと配分を作らないと区切りがなくなってしまうことも多いので、連絡手段の設定で一日をコントロールするのは有意義です。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です